« 大地の芸術祭行ってきました | トップページ | 高断熱高気密住宅 »

埋蔵文化財試掘

Imgp1214

春日部市で埋蔵文化財の試掘調査の立ち会いをしてきました

先日、臼澤が和光市でも埋蔵文化財の試掘の立ち会いをいたしましたが

今回は、春日部です

今年はもう一か所蓮田でも行う予定です

埋蔵文化財の試掘が多い年です

まずは縄文時代の地表の赤土の深さまで掘り下げます

約40センチで出てきました



Imgp1216_4

さっそく、土器の破片が出てまいりました

春日部市教育委員会の文化財保護課の中野さんです

色々教えていただきながら立ち会いをさせていただきました

北側のお隣の調査をしたときには生活跡が出てきて本調査になったそうです

すぐ隣なのでドキドキです、本調査になるとしばらく時間がかかるそうです

5500年前の縄文式土器の破片と思われるそうです

Imgp1220_2

バックホーで赤土近くまで堀り後は鍬で赤土まで削るようにしていました色の違いがわかりますか?

Imgp1225_2

黒い部分が赤土の上に堆積した部分です

赤土の上に降りてみました

なんだか、5000年前にタイムスリップした気分です

この土の上を縄文人たちは歩いて、生活していたのだなあ

近くまで海だったので海産資源をとり縄文式土器を作り、竪穴式住居にすんでいたんだなあとゾクゾクしました

Imgp1231_2

敷地中心当たりを南北方向に試掘完了

地盤調査前なので調査の結果では家の下を何らかの改良の可能性を伝えて、家の下も調査開始です

Imgp1240_2

ちょうど、試掘深度と基礎の根入れ深さ(基礎の外周部分の深く掘る部分の深さ)が同じ程度だったので、掘削しても支障の少ない部分を試掘してもらいました

Imgp1246

全部で5個の縄文式土器の破片が出てきました

1つはちょうど口の部分ということでした

4つが5500年前ころの1つが3500年前ころの縄文式土器の破片とのことでした

自分には土と同じ色の土器を上から見分けられないのですが、中野さんたちは鍬でさっと削って、簡単に見つけていました。「20年も掘っているとこれが手の延長です」と言われていました

どうやら縄文時代の生活があった場所にはそこら中に土器の破片が落ちていたみたいですね

出てきたのは土器の破片だけで貝塚や住居跡、そのほかの生活跡は出てきませんでしたので本調査は無しです

この後、地盤調査です

楽しい経験でした

|

« 大地の芸術祭行ってきました | トップページ | 高断熱高気密住宅 »