« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »

長期優良住宅

Photo
長期優良住宅関連のニュースや記事を多く見るようになりました
とてもよいことと喜んでおります
国が一定基準を設けてその建物にはローンの金利優遇やローン減税、固定資産税等の優遇が得られるものですから住宅を建てられる方には魅力ある話だと思います
その一方でこれからの住宅の性能と管理の方法はだいたい決まったのですが、住宅をどのように考えるかということはまだまだ行間にしかうたわれておりません
最終的には住宅が今までのような消耗品としてではなく本来はそうでなければならない不動産としての価値を持っていくことになる可能性が見えてきたということだと思います
これはすでにある既存住宅(今までの中古住宅)でも同じことが言えると思います
これから建てる方はもちろん、既存住宅を修理や改装など手を加える場合には不動産としての価値(住宅の資産化)をきちんと意識して行わないと損をしてしまう場合があると思います

国土交通省のページにある程度わかりやすくかかれたものがありますので一度ご覧になってみればいかがでしょうか
内容としては、個人的には、???という部分は間々ありますがわかりやすく書かれていると思います

http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_tk4_000006.html

『長持ち住宅の手引き』というPDFファイルがわかりやすいと思います

住宅の評価基準を日本(資産価値のある土地+消耗する住宅)とはまったく違う外国(資産価値のある住宅)に変えていこうというものです
もちろん第3者が評価して価値があり、人がお金を払ってもほしいものでないと資産価値があるとはいえないでしょう
アメリカのペンキ塗りやイギリスのガーデニングなども資産価値を高めるための投資として行われております
日本でも将来は、東南の角地ではなく周りの公園、歩道の整備、街路樹や電線や電柱、街並みなどの周囲の環境なども全てが資産価値の内となる日が来ることでしょう

続きを読む "長期優良住宅"

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年8月 »